WISE

BLOG

ブログ

202210/04

Office

PowerPoint ファイルが保存できない時の対処方法

お久しぶりにPowerPointでプレゼン資料を作成中の出来事。

以前作成したテンプレートファイルを開き、テキストエディタに用意していた大量のテキストを流し込み、一息つこうとファイルを別名で保存しようとすると・・・
「プレゼンテーション内に保存できないフォントがあります。」と表示され、保存できない。

警告メッセージに表示されているフォントはTure Fontではない「PMingLiU」。
作成したスライドを調べてもそんなフォントは使ってない。
スライド単位でフォントの置換(ホーム>置換>フォントの置換)を確認しても置換前のフォントに「PMingLiU」は表示されない。
そもそも張り付けたのはテキストエディタからのテキストで書式はないはず。

一息つくどころか、いきなりのトラブル。
結構編集も進めてるし、新たに作り直すのは避けたい。

Google先生にお聞きすると、「あること」らしい。
色々試しましたが、解決策を。

表示 > スライドマスター > フォント > フォントのカスタマイズ

任意のフォントを選択し、フォントパターンを任意名称で保存、その後、スライドに適用すると保存できました。
その後、ファイルを開き、スライドを見直して細かな書式を変更。
以降、問題なく編集・保存できております。

参考になった!助かった!
と思われた方がいらっしゃいましたら、以下のAmazonリンクからお買い物していただければ幸いです。

Amazon

Amazon5周年記念大感謝祭セールも開催中です。




関連ファイル

PAGE TOP